2020-12-02 投稿者: admin オフ

ラーメンの味わいはその瞬間にしかないもの

こじんまりとしたカウンターの向こうで、老夫婦がこさえてくれるラーメンというのは、何とも温かみのある逸品ではありませんか。最近は何かと行列のできるラーメン店への注目度が高く、ラーメンを食べ歩きする人々の多くが、グルメサイトやグルメ本などの評価を頼りに全国を巡る旅などをされる方々も数多くいらっしゃるようですが、個人的には観光地を巡った旅先のその町の味わいをお店の店主たちの風情とともにいただく一杯がごちそうとなっています。最近のグルメ評論家たちのコメント群に対してケチをつけるワケではありませんが、ラーメンの味わいというものは自分自身が決めるものなのですから、世間一般の大勢の人々に向かって「うまい」「まずい」などとつぶやくのはどうかと感じることがあります。そりゃ家族や仲間うちで、あそこのお店の〇〇がうまかったよなどと言った世間話をすることは頻繁にありますが、テレビなどで特番が組まれる際の全国のラーメン特集などの評論をみていても、まったくその味わいが伝わってくることがないのは私一人でありましょうか。ラーメンの味わいとは、その店に自分で訪れてその瞬間だけに味わうことのできる儚い一杯だと思うのです。