2020-06-01 投稿者: admin オフ

ビーフシチュー

ビーフシチューって、冬のイメージと思われがちなんですが…昼にちょこっと飲み歩きした日の夕食にもうってつけだってご存知でしたか?特に女性は季節関係なく冷えてしまうことが多いので、〆の暖かいシチューは1日を暖かい気分で終わらせるには最高の一品と言えるでしょう。上野公園のすぐ近くにある老舗の洋食店「洋食 黒船亭」では、昔から愛されてきたビーフシチューがいただけるでしょう。コクのあるソースが絡むのは、じっくり柔らか〜く煮込まれた和牛と言う絶品の一皿。なんと明治時代から続いている老舗ながら、雰囲気からは敷居の高さを微塵も感じさせない素敵なお店と言えるでしょう。テーブル席はゆったりとくつろぐことができるため、どうしても今日はシチュー!となってしまった時などは「おひとりさま」でも気兼ねなく訪れられ、またリラックスして食事を楽しむことができるでしょう。ちょっと特別感を感じたい時などは、赤と白を各8種類以上を取り揃えられたワインをいただくのも良いでしょう。お手頃なグラスワインなどもあるため、気分や料理に合わせてオーダーしてみるのもおすすめです。自家製のデミグラスソースは創業から継承されてきたお店自慢のソースと言え、仕上がりには一週間ほどかかると言われています。奥深い味わいと和牛のおいしさを堪能するにはもってこいのお店と言えるでしょう。一方、南砂にある「洋食屋 ヨシカミ」と言うお店では、じっくり野菜を煮込んだデミグラスソースが味わえます。お店はショッピングセンターの中にありながらも、懐かしさ溢れる料理をいただける洋食店と言えるでしょう。明るくPOPな雰囲気の店内では楽しく食事ができると評判のお店です。こちらのビーフシチューは、野菜と牛すじを煮込んで作られたデミグラスソースの味わいが自慢とされ、その深い味わいは、じっくりと煮込まれた牛バラ肉を引き立てる抜群の美味しさです。ファミリーも多いので友人とワイワイ訪れてみると良いでしょう。