2021-03-02 投稿者: admin オフ

遺伝子の組み換えと大量生産

近年、産業の発展や機械化が急速に進むなか農作物の大量生産が可能になりました。農作物に限らず畜産、養殖漁業、栽培漁業など、一定期間人間が食物の成長を管理し食品として出荷されるシステムは各国にて行われております。このような仕組みがシステム化され大量に生産されたあらゆる食品が世界を駆け巡るようになったのは、人々の要求によるものであったのかもしれません。できる限り安く、高品質のものを購入したい、美味しいものをお腹いっぱい食べたいなど、人間の欲求は留まるところを知りません。その上、世界的には人口が増加しているとなると、現代社会において食物の大量生産はなくてはならないものとなってくるでしょう。そんな中で懸念されてくるのは、人々が作物の生産を管理する上での科学的な薬品や遺伝子操作などであります。農薬、除草剤、科学肥料、除菌剤、栄養剤など、動植物の成長を人間が管理するには科学的な力を借りる必要があります。