2021-02-02 投稿者: admin オフ

「低 GI 食品食品」メニューとは

皆さんは「低 GI 食品食品」についてご存知でいらっしゃいますか。低 GI 食品は、最近ではコンビニエンスストアなどのお惣菜などにもその表記があることから聞き覚えのある方などは多いのではないでしょうか。 低 GI 食品とは、食べ物を体内に摂取した際に、吸収されにくく血糖値が上がりにくい食品であると知られているようです。皆さんが毎日のお食事として召し上がってられる「白米」や「白砂糖な」どに含まれる糖分は、体内に吸収されやすく血糖値が上がりやすいと知られることから「低 GI 食品」の表示のあるお惣菜やメニューは、白米や白砂糖がなるべ使われていないお惣菜やメニューなどが多いようです。白米や白砂糖は皆さんが召し上がる以前に加工され精製されていることから、皆さんが召し上がった時に、その糖分が体の中に取り込みやすくなっているということであるようです。「低 GI 食品」の「GI」とは、グリセミックインデックスを表しているようです。血糖値の上がり具合を示す指標であるようで、この数値が低いこの糖質が体内に吸収されにくく、さらには血糖値が上がりにくいということを意味しているようです。では実際に、皆さんが召し上がっているお食事のなかでの「低 GI 食品食品」とはどういったものであるのでしょうか。「低 GI 食品食品」の代表格とされているものは「お酢」さらには、「豆類」「乳製品」「食物繊維の豊富なお野菜」などになっているようです。毎日の献立の中に、サラダやお野菜のたっぷり入ったお味噌汁などを加えることでも、お手軽に健康維持メニューとなりそうですね。