【secondM通信】お家の修理に業者がなかなか来てくれない!とお困りの方へ伝えたい

こんにちは! secondM 女将のちかこです。

今日は 業者さんをサポートする立場にある金物店の女将の立ち位置で、かつ職人目線で一般の方々へお伝えします♬ 目指せ!賢い消費者。

9月4日の台風からまだ一週間もたっていないのですね。続いての地震・そしてまた大雨警報。北海道のニュースを見るたび胸がつまります。今夜の大雨で明日はまた被害が広がって・・・業者さんはお客様からの問い合わせや、

「修理に来てくれるのはいつ?」の電話に、きっと電話恐怖症になってるんじゃなかな。

ウチの店も雨漏りしているので、この調子だと明日も朝から床の水拭き作業からスタートかな。地震後の修理はいまだ手つかず・・・

→地震で地盤沈下がおこりました。1Fの工房内

 

 

 

私も正直、早く修理に来てほしいです。来て~と言ったところで今は無理とわかっていても、「この雨でまた劣化がすすむ、早くきてほしいな~」と思います。業界事情に詳しい私でも、そう思うのですから。

工務店・業者事情に詳しくない一般消費者の方々は、それはそれは

「早くきてほしい~~!!」  「何時になるの?」「いったいいつ??」

「値段はどのくらい?」

と思われるのは仕方ないですね。いやだもんね、家が傷むの・・・。

そして、電話で把握してほしいですよね。ご自分のお家の状況。当然です。そして、それをお聞きしないと 動く業者さんもどうしていいか、なにを用意すべきかわかりませんものね。

が、しか~~~~~~~~し!!!

北摂一円、いえ、大阪府内、いえいえ日本列島、みんな あなたと同じ思いをしている人だらけなのですよ。そこ、まず 思っていただきたいですねぇ。

そのうえで、ご自身の状況を業者さんにお伝えする際には

◆乳幼児・高齢者がいる状況や

◆素人目にみても、危険だと思う箇所があるなど

◆すぐに対応不可であれば、自分たちで できることはないかどうか、職人さんにアドバイスをもらう(危険なことは決してなさらないでくださいね)

など、対話をしてみてくださいね。間に営業マンが入って対応してくださるのであれば、そのあたりはスムーズにいく可能性はあるかもしれません(営業さんによりますけどね、笑)が、職人さんは、営業が上手でなく、苦手でお喋りも上手じゃないから、職人という職業なんですよ。ついでに言うと、ソロバン勘定も苦手な方も多いです。だって、技で勝負しているから。

そういう方を相手に、焦る気持ちを全面にだした言い方や、こちらの都合ばかりを伝えていては、きっと相手は嫌気がさしてしまいます。

 

それから、施工代にいくらかかる? ってのを最初に聞くのもおすすめしません。

今回のような被害は想定外のことだらけなので、

★現調(げんちょう→現場調査のこと)に行ってみないとわからない事だらけです。もちろん、通常の修理も必ず、現調してからでないと、金額はわかりません。

それでも、あえて、ぼったくられたくない。とか

いくらか聞いておかないとこちらにも都合がある・・・という方がいらしたら、下記のような たずね方をしてはいかがでしょう?

「素人ではじめての事なので相場がわかりません、どのくらいを準備していたらよろしいものでしょうか」

ものすごく、柔らかく・・・きいてみてください。柔らかくきかれて嫌気がさす人はまず、ないと思いますのでね。それでも、現調しないと正式にはわからいないですよ!

 

例えば、屋根が飛んだ方のお家へ行くまで、ここまでの準備や気遣いがあるのですよ!  ↓↓

①飛ばされた箇所は何平米で、そこを覆うのにどのサイズのシートが必要で、そのシートを押さえるのに土嚢袋が何枚必要で、土嚢につめる砂は何立米必要か・・・

②屋根に上るのに、何尺のハシゴが必要で・・・そもそもハシゴをかけられるのか? 足場がないと 確認もできないお家なのか??

③修復の範囲が広ければ、一人でシートはかけられないから手元スタッフが必要になり、そのスタッフ経費も必要で

④スタッフが地下足袋を持っていない場合、監督や親方は地下足袋を買ってあげて

⑤忙しい中、来てくれたスタッフへ缶コーヒーを渡して

「また、頼むな♬♬」と良好な関係性を築きあげ・・・

これですんだらいいほうで、

もし、現調に行った先のお家の屋根が、手持ちのハシゴでは短くて登る事ができないとなれば・・・もう1サイズ背の高いハシゴを 購入することになり・・・うちの店へ買いにくるも、全国の震災でハシゴは完売状態。再入荷予定はわからない。となると・・・

そして、一番ご理解いただきたいのは、

修理するとか屋根にあがるというのは、職人さんが長年かかって築いた技術なのです。IT業界でいえば、SEと一緒。SEの方が大切なパソコンを雨の中で使いますか? 使わないですよね。 職人さんも一緒です。雨で危険をおかしてご自身の技術・体をこわして 働けなくなるような危険はおかしません。もし、そんな人がいたら、それは ものすごく自信のある方か、仕事をあなどっているかの どちらかです。

 

どうですか? 来て修理するのに時間がかかるのは いたし方ないのです。大雨警報でてますもんね。

お家のことって、毎日買ったりするものではないし、だから相場もわかりにくいし、いろいろな事例も聞きますが・・・

概ね、あなたが日頃から いい関係を築いている工務店さんや、工務店さんでなくても、よいご近所付き合いや、たずねて行ける先があれば大丈夫!きっといい業者さんにたどりつけると信じます!!

どうぞ、良好な関係性を築けて、間違いのない情報を身近にゲットできる賢い消費者になっていかれますように♬♬

 

週末にバンテリンを買ってためしたら、腰痛が少しマシになりました♪

明日から一週間、また頑張ろう~っと。